オフィス

従業員の生産性向上策

従業員の生産性を向上させることで、働き方を変えていくことが可能なのは、いくつかの企業で実践し効果が出ています。スケジュール管理についても同じことが言えており、共有する仕組みを使うことで、工数のかかるスケジュール調整を削減できるのです。

メニュー

パソコンを操作する人

全てお任せではない

軽減税率導入時に問題となるのが、どの品目が軽減税率対象かという点です。取扱い品目の見極めはシステム会社では出来ません。またデータ入力も通常はシステム会社は行わないので、どこまでが作業範囲か事前に役割分担を明確にしておく事がトラブルを防ぐコツです。

ウーマン

ペーパレス化と効率化

業務においては、紙による申請承認が必要な時があります。それを電子化してくれたのがワークフローシステムです。電子化されたので紙が必要なくなります。申請内容が一覧でわかるので、優先順位に従って承認が行えます。

男の人

災害が起きる前に

現在では日本国内でもさまざまな地域で災害が起きるようになってきているので、働いている社員の安否を知るために安否確認のシステムを導入する会社が増えてきています。導入する時には安否確認のサービスを提供する会社に依頼しますが、いくつかの会社に見積もりを依頼し比較することが必要です。

パソコンを操作する人

大容量なのに低価格

わずかなランニングコストで大容量のファイルストレージを構築できるのが、クラウドストレージサービスです。自社サーバーなしで社員間や取引先とファイル共有ができるため、中小企業から大企業まで導入する企業が増加しています。

しっかりしたセキュリティ

社内

トラブル防止のために

現在、クラウド利用は私たちの生活に急速に浸透しています。クラウド上でのファイル共有も利用している人は多いでしょう。普段の生活で個人で簡単にしかもほぼ無料で利用出来るサービスが溢れている中で、クラウド上でのファイル共有をあえて専門業者に有料で依頼する意味は何でしょうか。それは大きくはセキュリティの問題です。個人でクラウド上の無料ファイル共有サービスを利用する場合には、基本的にはその責任は利用者個人に帰結します。極端に言うと、いつ情報流出が起こってもあるいは情報の消失が発生してもそれはそのサービスを利用した個人の責任という事です。しかし企業ではそんな危険なサービスを利用するわけにはいきません。たとえクラウド上であっても企業の情報資産はきちんと守られなければいけません。そのために有料の専門会社のファイル共有サービスを利用して安全性を確保するのです。また、専門会社のファイル共有サービスを利用すれば、細かさ権限設定も可能になります。例えばこの情報は役員クラスしか見られないようにとか、これは全社共有、あるいは一時的なプロジェクトでのファイル共有などの設定も可能です。ファイル共有サービスは社内だけでなく企業間でのやり取りにも利用出来ますが、その場合も相手先企業のアカウントを制限することで、必要なデータだけをクラウド上でファイル共有出来ます。また企業では入社・退職が発生しますが、その度ごとの権限設定も業者に任せておけば安全です。

Copyright© 2018 クラウドはセキュリティが重要【ファイル共有サービスを利用】 All Rights Reserved.