メニュー

従業員の生産性向上策

オフィス

予定について考える

従業員の生産性を向上させていくことで、結果的に働き方さえも変えていって、長時間労働から開放させていく必要があります。そのためにはIT化を進めていくことは、とても重要であり、効果も上がってきていることがわかってきています。これはあらゆる業務に対してであるのですが、スケジュールを共有することで生産性がなぜ上がるのか、その仕組みから考えていきます。スケジュール管理ということについては、パソコンが企業で使われて来るようになった当初から、比較的利用されてきています。最初は個人でのりようが多かったのですが、IT化への技術が高まるについて、従業員間で共有することが可能になってきています。これは各従業員で各々のスケジュールがひとつの画面で確認できることを指し、それぞれに確認のために聞くことがなくなることを指します。特に会議やイベントなどで、複数の担当者を呼びたい時のスケジュール調整は、今までも大きな工数を費やすものだったのです。これがスケジュールを共有することで、簡単に空き時間を確認することができるので、この工数を大きく削減することができるのです。もちろんアクセス権を設定することも可能ですので、共有すべき方と制限したい方とで設定を分けることができるのです。またスケジュール管理の仕組みとして、会議室や備品などもスケジュール化することができるので、これらの管理用にも使えるのです。このようにスケジュールを共有することで、様々な工数を削減することが可能になり、結果的に生産性が向上していく訳なのです。

Copyright© 2018 クラウドはセキュリティが重要【ファイル共有サービスを利用】 All Rights Reserved.