メニュー

災害が起きる前に

男の人

働く社員の安全のために

現在では日本国内でも異常気象の影響や地震の影響を受けて、さまざまな地域で災害が起こるようになってきました。救助が必要になるほどの災害に巻き込まれてしまいニュースになる事も度々あります。このような場合にはさまざま方法で自分の身が安全であるか、救助が必要なのかや避難しているのかなどを知らせることがいち早く救助をするために大切なことです。その方法の1つに安否確認のシステムがあります。会社などで安否確認のシステムを導入し、会社で働いている社員の方にメールや電話番号の登録をしてもらい災害が発生した場合にはメールを配信し、社員に返信してもらうことで安否確認をすることができます。大きな会社や支社が多くある会社では安否確認のシステムを導入しているケースが多く、システムの導入を進めている会社は増えてきています。導入する時には安否確認のシステムのサービスを提供する会社に依頼をします。料金は導入するサービスの内容やそれぞれの会社の料金設定によって変わります。メールの返信だけやメールを返信した方の位置がわかるようになっているものなどもあります。サービスを提供している会社は多くあるので多くの会社から見積もりを取ることが大切です。また、初年度は無料でサービスを提供する会社もいくつかあります。安否確認のシステムを導入した時には、必ずシステムがちゃんと作動するか定期的にテスト配信を行い確認することが大切です。システムを導入していても、本当の災害が起きた時にやり方が分からないという社員がいては意味がないものになってしまいます。

Copyright© 2018 クラウドはセキュリティが重要【ファイル共有サービスを利用】 All Rights Reserved.